初診

内視鏡・鼻のCT検査
必要に応じてアレルギー検査

処方:家での鼻洗浄など

再診日

効果不十分のとき外科的治療を相談

範囲がせまい場合
局所麻酔手術、日程調整

範囲が広い場合
術前検査:採血、心電図、血圧など
局所麻酔手術、日程調整

手術日

局所麻酔手術
程度と範囲により左右2回に分ける場合あり。
手術後、30分~様子を見て帰宅

鼻にガーゼをつめておく
※時間がかかる場合、付き添いが必要

術後再診日

5日前後

ガーゼ抜去、薬の処方

定期通院

傷の状態にあわせて定期通院
薬の処方(3~6カ月)
安定次第、いったん終了

  • 難治性副鼻腔炎であった場合、間隔を空けつつも薬での再発予防の継続が必要です。

一カ月は運動(血圧をあげる行為)、お酒、飛行機は禁止

日帰り局所麻酔手術適用の条件

  • 13~70歳まで。(焼灼処置のみを除く)
  • 血液さらさらの薬をのんでいないこと。(脳梗塞、心筋梗塞、狭心症など)
  • ピル服用中の場合、一カ月服用を止められること。
  • 病変が高度であったり特殊でないこと。

その他、持病や向精神薬等の服用状況により不可の場合があります。